2011.10.25

眠れぬイヴのために (Hayakawa novels)

眠れぬイヴのために (Hayakawa novels)眠れぬイヴのために (Hayakawa novels)
著者: ジェフリー ディーヴァー
早川書房 / 443ページ / 1996-05


欲望の人間模様を細かく描写しながら、ストーリ展開されて最期はどんでん返し。
事件の証言者を目指して、病院から脱走して真実を迫りに行くのはハラハラドキドキものです。脱走者を追う人間もまた事情を抱え、その人間模様も面白いです。
ストーリーの中心となる事件が中々出てこ無くのめりこみ辛かったのですが、最後までの読み進めると中々納得する感じでした。
エロエロすぎる感じもします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/99-95e6b842
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する