2011.10.17

推理小説 (河出文庫)

推理小説 (河出文庫)推理小説 (河出文庫)
著者: 秦 建日子
河出書房新社 / 320ページ / 2005-12-21


展開が目まぐるしく変わり、小説の世界に入り込むのが中々出来ない。もう少し場面展開は細々切るのを無くして欲しかったです。
本書はTVシリーズでも放映された“アンフェア”。
私も最初はTVシリーズのしかも再放送でした。やはり、この小説は完全にTV向けに書かれていると思います。最初に感じたとおり場面展開が早く、文字体も遊ばれていますし。
まー、ライトノベル並みに軽く読めますが・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/98-6e21719d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する