2011.10.08

卑弥呼伝説 (集英社文庫)

卑弥呼伝説 (集英社文庫)卑弥呼伝説 (集英社文庫)
著者: 井沢 元彦
集英社 / 384ページ / 1997-11-20


友人が殺害され最後に『卑弥呼は殺された』と、友人のレイハンターが電話を受ける。ここから話が進行して、邪馬台国や天皇のルーツ、そしてダイイング・メッセージの卑弥呼が殺されたという謎解きが筋たてられて解明を試みます。
著者の『封印された「倭」の謎 (逆説の日本史)』としても書かれていますのでどちらも楽しく読み終えられました。
お奨めの1冊です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/96-9156a2ad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する