2011.07.27

偽りの書 (上)(下)

偽りの書 上偽りの書 上
著者: ブラッド・メルツァー 翻訳: 青木 創
角川グループパブリッシング / 282ページ / 2009-03-26


聖書とアメリカンヒーローの組み合わせ。
最後は父子の泣ける話。カルは父を許す事ができるのか?確かに永遠の命と言えるかも知れないかな、歴史を物語として話し、世代を超えて語り継ぐと、中々良い話ではないですか。
それと、スーパーマンの話はある程度はノンフィクションなのですか・・・。後書きに書いてあるのを読むまでは、この作品の為の創作だと思っていました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/73-1d1b3a0a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する