2011.02.24

ロスト・シンボル(上)(下)

ロスト・シンボル 上
ロスト・シンボル 上 / ロスト・シンボル 下
著者: ダン・ブラウン 翻訳: 越前 敏弥

 前作・前々作と同じ手法で話に入りそして展開していくので、ストーリー的にサスペンス感がちょっと乏しいかな。ただ、旧作を読んでなければ、一気に読破したくなると思います。

 旧友の窮地を助けるつもりが、彼は最初から巻き込まれる運命でした。敵か味方か読めない諜報機関、味方だと思う人間、暗号を解きながらワシントンを動き回り考えてみると、時間的には約1日の間にすべての事が始りそして解決する、それはもうハリウッド映画です。ただ、私的にはもう少し愛憎部分は丁寧に書いてほしいかな。
 フリーメイソン・宗教・科学・暗号を織り交ぜたエンターテイメントにはやはり脱帽です。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/7-fd918e72
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する