2011.07.16

死海文書の謎 (ポテンティア叢書)

死海文書の謎 (ポテンティア叢書)死海文書の謎 (ポテンティア叢書)
著者: マイケル ベイジェント リチャード リー
柏書房 / 349ページ / 1995-06


本題に入るまでの発見の経緯や、その後の文書の研究と発表のゴタゴタを書いているのが長くて、放り出したくなる感じでしたが、何とか最後まで読み切りました。
ユダヤ教から派生したキリスト教、又、聖地が同じ地域のイスラムと実際はどういう関係なのでしょうか?


装丁画像が無いのが残念です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/69-4105cba3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する