2011.07.02

暗鬼―秀吉と家康の推理と苦悩

暗鬼―秀吉と家康の推理と苦悩暗鬼―秀吉と家康の推理と苦悩
著者: 井沢 元彦
光風社出版 / 275ページ / 1987-03


 歴史小説と言って良いのか解らないが、それなりに歴史と著者の創造が織り合わさり面白く出来上がっていると思います。信長―秀吉―家康と時の天下人の変遷経緯を書いた小説ですが、その時々をエンターテイメントを加えていて、お得意の暗号を織り交ぜたりしています。
装丁画像が無いのが残念です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/66-ddaf5ee6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する