2011.05.07

秀吉 秘峰の陰謀―佐々成政の飛騨雪中行

秀吉 秘峰の陰謀―佐々成政の飛騨雪中行秀吉 秘峰の陰謀―佐々成政の飛騨雪中行
著者: 長尾 誠夫
祥伝社 / 284ページ / 1988-09


 秀吉と家康の衝突前夜、苦境の佐々成政が飛騨越えを決行。結末は如何に!
序章的な部分が長く、飛騨越えの出立まで中々始まらなく、飛騨越えにはどのような困難が待ち構えているのか、ワクワクしました。内容は想像力が乏しい私でもその文章からいかに大変且つ無謀なことだったかジンジン伝わってきました。
 また、戦国時代の当時の家康の影武・・・。あ~、書いてしまうとネタばらしになってしまうのでやめます。

装丁画像が無いのが残念です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/44-5970b68a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する