2011.03.08

亜愛一郎の狼狽

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)
著者: 泡坂 妻夫

 変わった名前の『亜 愛一郎(ア アイイチロウと読む)』写真家で、背が高く二枚目だけど行動が三枚目の主人公が活躍する短編小説(本書は8話)。何気ない話の入り方をするが、事件がおきると何故かそこに居て事件に巻き込まれ一つ一つの事象を意図も簡単に解決してしまう頭脳明晰の持ち主です。
 久しぶりに、魅力的な探偵(本人は探偵ではないと言っている)さんに出会いました。続編が何巻かあるそうなので早く読みたくなります。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/16-81167852
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する