2011.12.02

QED 六歌仙の暗号 (講談社ノベルス)

QED 六歌仙の暗号 (講談社ノベルス)QED 六歌仙の暗号 (講談社ノベルス)
著者: 高田 崇史
講談社 / 382ページ / 1999-05-10


シリーズ2冊目読破。
最初の殺人のトリックは結構単純な盲点。2人そして3人と続いていく。前作から今作品も病気が事件に絡んでヒントになるのですね。家(系)を継ぐというのは悲しい結末へとなりました。
タイトルの六歌仙も中々出てこなく、最初はずーと七福神を追っていて頭の片隅に“?”が有りながら読みすすみました。ナルホド。そう言う暗号解読でしたか、なかなかやりますね。

おススメの1冊です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://papilu.blog.fc2.com/tb.php/113-c8e5f388
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する