2011.06.28

荒川(右岸)サイクリングロード =葛西臨海公園=

新荒川大橋を渡り荒川の右岸へ。赤と青の水門を脇に見てコースに突入。
前回走った左岸とそれほど変わりなく、平坦なCRです。しかし、荒川河川敷はスポーツのメッカですね、右岸左岸を問わずに、ゴルフ・野球・サッカー・ランニング・サイクリングと他にもあったかな。まー色々な人が色々なスポーツに興じて汗を流しています。ここだけ見ると医療費が安く済みそうなくらい、みなさん楽しくスポーツしています。
と、今回は荒川右岸で葛西臨海公園まで走ってきました。
カメラ:FinePix F100fd

20110626_01
右岸の突端です。少しもどった所の清砂大橋を渡って荒川左岸へ。

20110624_02
大観覧車を背景に。その後鳥類園側へ散歩ポタリング、完全に公園内なので本当にユックリです。

20110626_03
荒川右岸より川口を見る。

時間 3:09
距離 63.83km
平均 20.1km/h
最高 36.7km/h

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ
スポンサーサイト
Posted at 21:00 | 2011年ポタ | COM(0) | TB(0) |
2011.06.27

ガイガーカウンターbySOEKS-01M

本日我が家にガイガーカウンターが届きました。
ロシア製の『SOEKS-01M』を購入、10日ほど前に注文したみたいです。開封して残念な事にバッテリーが同梱されていません。まー単4電池なので目くじら立てるほどではないですが、これがロシアのクオリティーでしょうか。
20110627_01
FinePix F100fd

早速、家の中やベランダそして共用の廊下を測ったところ、0.09~0.22位の数字が出ました。結構バラツキが大きでが、測定方法と測定結果の出し方に何かコツがあるのでしょう。でもって、これって高いのでしょうか?川口市の放射線の測定結果でも高性能な測定器で計測していますので、そちらと比較すると若干高めの数字が出てます。
今度測定器を借りてポタリング先でも測ってみようかな?測定結果も載せてみたいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ

Posted at 14:19 | 写 真 | COM(0) | TB(0) |
2011.06.25

タイムマシン (角川文庫)

タイムマシン (角川文庫)タイムマシン (角川文庫)
著者: H.G. ウェルズ
角川書店 / 270ページ / 2002-06


7編の短編小説。言わずと知れた世界的に有名な本です。
タイムマシンを開発したタイムトラヴェラーが未来に行ってきた体験を伝えます。創造の世界なので著者は物凄く遠い未来を描きましたが、将来は本当にどうなるのでしょ?自分はタイムマシンがあったら未来なのか過去を見たいのか。う~ん、悩みますね。
その他の作品もシュールなものや、著者の想像力の豊かさがドーンと表せれていると思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Posted at 08:25 | 読 書 | COM(0) | TB(0) |
2011.06.20

芝川サイクリングロード =見沼自然公園編=

ホームコースの変形を設定して走ってみました。芝川CRが現在完了している地点の八丁橋をそのまま直進して、『緑のヘルシーロード』に突入。結構良い感じのコースです、見沼自然公園をゴールにして気持ちよく走行してきました。
カメラ:FinePix F100fd

20110619_01
途中の舗装路はインターロッキングで、衝撃が伝わり、走りづらいです。

20110619_02
公園の入り口にある石碑です。

20110619_03
公園はこんな感じで、朝早くなので人は殆どいませんでした。

20110619_04

最後は恒例のさくらでマンゴーソフトクリームを食しました。

時間 2:43
距離 49.85km
平均 18.2km/h
最高 40.8km/h

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ
Posted at 22:19 | 2011年ポタ | COM(0) | TB(0) |
2011.06.18

逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎

逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎
著者: 井沢 元彦
小学館 / 361ページ / 1995-05


この編はあまり関心が薄く、読んでいても中々身に入りません。ただ言われてみてそうだよねというところは沢山あります。その中でも天皇家は素封家なので、遷都をするのも今の基準と照らして考えてはいけない。という所は、現在の天皇制をその当時の仕組みとは違うと解っていてもピンとくるものがないです。当時は日本のありとあらゆる物は一極集中していたはずで、その資産といえばとんでもない事のなるのでしょう。現在の公共工事とも言えるでしょうし。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Posted at 20:47 | 読 書 | COM(0) | TB(0) |