2011.03.31

耐震偽装

耐震偽装損賠訴訟、姉歯元建築士にのみ賠償命令
 姉歯秀次・元1級建築士(53)(懲役5年などが確定)による耐震強度偽装事件に絡み、強度不足が判明して解体された東京都墨田区の分譲マンション「グランドステージ東向島」の元住民51人が姉歯元建築士と建築確認を行った同区などを相手取り、計約7億9395万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。
 河野清孝裁判長は、姉歯元建築士の賠償責任を認定し、原告のうち38人に対して計約1億5535万円を支払うよう命じた。同区については「構造計算書の偽装を疑わせる点があったとは言えない」と述べ、賠償責任はないと判断した。
(2011年3月30日 20時44分 読売新聞社)



続きを読む
スポンサーサイト
2011.03.30

亜愛一郎の逃亡

亜愛一郎の逃亡亜愛一郎の逃亡
著者: 泡坂 妻夫
角川書店 / 309ページ / 1984-12


亜愛一郎(ア アイイチロウと読む)の事件簿シリーズの最終章。1作目を読んで、特徴ある探偵(?)に好感を持ったので手を伸ばしてみた。
3作シリーズの2作目を飛ばして読んでしまい大失敗です。最終話にとんでもない事実が判明するので、順番に読まなければ・・・。
 内容は短編推理(8話)で、亜愛一郎のいつものパターン。彼が事件に巻き込まれ、一つ一つの事象を推理しあっという間に解決してしまう本当に頭の良い人。やはり行動は3枚目なのですが、今回は素晴らしい運動神経(?)を披露します。いや、たまたま?う~ん解らないが、本当は隠れた才能なのか?
装丁画像が無いのが残念です。



Posted at 08:58 | 読 書 | COM(0) | TB(0) |
2011.03.22

キケン

キケンキケン
著者: 有川 浩
新潮社 / 271ページ / 2010-01-21


 第2回ブクログ大賞で小説部門の大賞作品なので、手を伸ばしてみました。回想録型小説。旦那が奥さんに大学時代の懐かしく楽しかった思い出を語る。
大学青春ストーリーとでも言うのでしょうか。先輩の行動力・発想力に影響され自分たちも行動・発想がドンドン昇華していき、とあるところでは一線を踏み外すところまでいき、それでもやはり仲間の中には常識人はいる。
今振り返ると、自分の学生時代はここまで飛んでいなかったが、仲間が集まると制御できない所があるのは小説だけでなく有ると思います。



Posted at 08:30 | 読 書 | COM(0) | TB(0) |
2011.03.21

魔術師 (イリュージョニスト)

魔術師 (イリュージョニスト)魔術師 (イリュージョニスト)
著者: ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋 / 515ページ / 2004-10-13


 読み応え充分ありました。魔術師が犯人と言うのは冒頭から解るストーリー(サスペンス)なので、犯行方法や心理が本当にハラハラドキドキして、頁をめくる手がなかなか休まりません。話はシリーズ物で第5作でしたか、著者の作品の『ボーンコレクター』は見た事がありましたので、読んでいくうちに映画の記憶が甦りました。
 他の作品にも興味が沸いて来ましたので、又時間を見て読みたいと思います。

オススメの一冊ですね。



Posted at 11:47 | 読 書 | COM(0) | TB(0) |
2011.03.15

植木鉢が割れた

20110315
 FinePix F100fd

 皆様につきましては、今回の地震の被害ついては如何でしたか。私のところは、植木鉢が倒れて割れたのが最大の被害でした。その他に、家の中にある家具の引き出しや食器棚の扉が開く程度で、中の収容物が外に飛び出すことがありませんでした。我が家は大型家具のみですが建物に固定していたので良かったのだと思います。
 地震の翌土曜日に川口駅前まで状況の把握に出かけたのですが、道中に外壁の剥落した建物が2軒ありました。又、食材が丁度無くなりそうなので買い物もついでに頼まれたのですが、スーパーも結構な人で混んでいましたね。

 東北方面の方に比べれば、首都圏方面は3日程度の我慢でパニックになるとは情けないです。物流は滞っているかもしれないが無くなることはないので、サンデードライバーは今すぐ給油しなくても大丈夫。冷静になりましょう。食料も1日を1食や2食でも平気ですからいつも通りの買い物のペースで大丈夫です。


Posted at 19:24 | 写 真 | COM(0) | TB(0) |